「ほっ」と。キャンペーン

サモエドが我が家にやってきた!

lunasmile.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 6 )

ワンこムービー・グラフィティ(6)

友人から、我が聖母小百合さまが白いワンこと共演されている映画がある。立ち耳な具合といい、もしかしてサモでは?と言う目撃情報を確認すべく、早速DVD、観ました。今日はそのご報告です。
この映画は吉永小百合さまの映画初出演という、それだけで存在価値を持つ松竹作品です。「朝を呼ぶ口笛」(1959年)。小百合さま、14歳のお宝映画です。原作は読売新聞社主催の「全国小中学生綴り方コンクール」で第1位、文部大臣賞を受賞した中学2年生の作文「新聞配達」。
定時制高校への進学を目指す新聞少年・吉井稔を応援する女子中学生・刈谷美和子役で小百合さまがスクリーン・デビューされております。
さて、それではワンこ鑑定団出動します。

c0035838_110163.jpg
おお!神々しきお姿!って、もちろんワンこの方ではありませんが・・・。
c0035838_1104714.jpg
顔だけ見てると、そう見えなくも・・・、でもちょっと小ぶり。もちろんワンこのことですよ!
c0035838_113381.jpg
これだけだとサモ然としてますが・・・。
c0035838_11102565.jpg
大きさ的にはスピッツに近いかも。だがしかし、鼻がちょっと寸詰まっているような?!
因みにこのシーンは稔の担当している家から朝刊が届いていないという苦情があって、彼が謝りに刈谷家を訪れ美和子と出会ったところ。
c0035838_11105424.jpg
濡れ衣を晴らすため翌朝見張っていると・・・。
c0035838_1193788.jpg

c0035838_11325655.jpg

c0035838_11314287.jpg

c0035838_11333520.jpg

c0035838_11335688.jpg

c0035838_11323580.jpg
て、へ、へっ・・・。ボクの悪戯でした!
c0035838_11352334.jpg

c0035838_1134121.jpg
と言う訳で、話の内容については想像力をふくらませて、イメージしてください。文部科学省推薦なお話しですし・・・。興味のある方はDVDで観れますから・・・。
そう、肝心の犬種ですが、結論としましては、よくわかりませんでした。どなたかおわかりになる方はコメントください。
[PR]
by lunasmile | 2005-11-13 11:42 | 映画

ワンこムービー・グラフィティ(5)

今回ご紹介する映画は、1984年制作の官能ラブ・サスペンスなアメリカ映画「カリブの熱い夜」!・・・って、どこがワンこムービー・グラフィティよ?!と、お叱りを受けそうですが、実はレイチェル・ウォード扮するヒロイン、L.A.のブルジョア娘ジェシーが飼っているワンこが、なんとサモエドなんですねー!名前はサム。昔観ていて、最近、DVDが出たので懐かしくて思わず購入し、見直してビックリ!という訳です。なにせ観た当時はワンこなんかには全然興味がなく、ワンこが出ていることすら忘れてました。
そんなこんなで、ここでみなさんにお勧めする類の映画では決してありませんが、何しろサモエドが出演されているのですから紹介しないわけにはいきますまい・・・。因みに映画自体は官能ラブ・サスペンスというほどのことはございませんので、安心してご覧ください。えっ?それじゃーつまらない!ですって・・・?!
あっ、そうそう!リチャード・ウィドマークが悪役フィクサーをやってます。渋いーっ!!

c0035838_21595653.jpg
ビーチバレー、やってます・・・。
c0035838_2223112.jpg
砂浜を走るサモエドです。
c0035838_224054.jpg
左がジェームズ・ウッズ扮するジェイク。右が主演のジェフ・ブリッジズ扮するテリーです。
c0035838_2263073.jpg
ジェイクの運転するフェラーリ328GTSの助手席に鎮座しているサモのサム!?
c0035838_2282726.jpg
これはジェイクの運転するフェラーリ328GTSとテリーの運転するポルシェ911カブリオがL.A.でカー・チェイスをしているシーンなんです。
c0035838_22111113.jpg
結局ジェイクが勝って、サムが雄叫びしてます。
c0035838_22134913.jpg
ここはテリーの酒場。
c0035838_221432.jpg
・・・
c0035838_22143537.jpg
・・・
c0035838_2215621.jpg
なんとサムは今度はテリーのポルシェ911カブリオにちゃっかり乗り込んでます。
c0035838_22162790.jpg
降りろよ!おまえの飼い主のジェシーには愛想が尽きたぜ、全く!
c0035838_22184282.jpg
もの悲しい風景の中のジェシーとサム。
c0035838_22194771.jpg
・・・
c0035838_2220138.jpg
・・・
c0035838_22204596.jpg
・・・
c0035838_2221740.jpg
うっ、哀しい性!食べ物には弱い!!
c0035838_22222935.jpg
一応、ジェシーとジェイクの別れ話に、サムも参加!
c0035838_22235938.jpg
・・・
c0035838_22241830.jpg
と、いう感じで物語は佳境に入って行くのでした・・・、つづく。
c0035838_22253836.jpg
エンディングでサムもクレジットされていました。
どうです、なかなかおもしろそうでしょ!?
[PR]
by lunasmile | 2005-11-10 22:31 | 映画

ワンこムービー・グラフィティ(4)

夏休み、帰省ラッシュを避けて、うちでのんびりテレビでもというあなた!そのチョイスは正しい!!・・・が、面白くもないお笑いや、中身のないタレントが私物化しているバラエティとかワイドショーや、学芸会も赤面するようなドラマなんかで大事な人生を浪費せず、心に沁みる良い映画をワンことともに観ましょう!


ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。
信じれば、必ず行ける。

c0035838_1519262.jpg


で、今日のお勧めの映画は、今年初めに公開されてもうDVDが発売されてしまった「ネバーランド」です。
あの誰もが知っている「ピーター・パン」の誕生のいきさつを事実を元に綴った感動のドラマ!で、その生みの親、イギリスの劇作家ジェームズ・バリが父親を亡くし心を閉ざした一人の少年ピーターと出逢い、心を通わせていく中で、名作「ピーター・パン」がかたちになっていく過程がていねいに描かれています。
主演はこの映画でノミネートされながらまたもオスカーを取り逃がしてしまったジョニー・デップ。他に「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「ドクトル・ジバゴ」の大女優ジュリー・クリスティ、そして名優ダスティン・ホフマンやピーター役のフレディ・ハイモア少年、他、渋い役者が脇を固めています。もちろんお約束のワンこも今回は特大のニューファンドランドが登場!ジョニデ以下、子役やワンこも含め全ての役者が抑制の利いた演技で魅せる、心に沁みる秀作です!!

c0035838_16191478.jpg
新作の不評で傷心のジェームズは愛犬のボーソスと公園へ散歩に出掛ける。
c0035838_16241298.jpg
でかいぞ!ニューファンドランド!!
c0035838_16251198.jpg
ジェームズはボーソスのお陰で若い未亡人のシルヴィアとその4人の息子たちと出会う。
c0035838_1632226.jpg
ジェームズは少年たちの気をひくため一計を案じて・・・。
c0035838_16352453.jpg
この少年がピーター役のフレディ・ハイモア君!これがまた上手いんだなー・・・。この秋公開予定のティム・バートン監督作品「チャーリーとチョコレート工場」でもジョニデと共演しています。
c0035838_16383951.jpg
ボーソスをサーカスの熊に見立てて一緒にダンスをするジェームズ。
c0035838_16413312.jpg
いつものようにボーソスと公園で書き物をしていると、ピーターがやってきて・・・
c0035838_1643515.jpg
シルヴィアと4人の息子たちと一緒に過ごす時間が多くなって・・・
c0035838_16445088.jpg
妻がいるのに、別荘に出掛けたり・・・
c0035838_1646557.jpg
妻との距離が広がっていくジェームズ。隣で寝ているのは・・・?!
c0035838_1654263.jpg
舞台劇「ピーター・パン」の初演。「ピーター・パン」といえば、そう、物語にでてくるばあやのナナは、ワンこですね。
c0035838_16554395.jpg
病身のシルヴィアのために彼女の家で舞台劇「ピーター・パン」を観せるジェームズ。そこでボーソスとナナが接近遭遇!
c0035838_1784098.jpg
シルヴィアがネバーランドへ旅立つシーン。ということは・・・?!
c0035838_1710915.jpg
で、これが映画のポスターにも使われているラストシーンです。どうです、このシーンだけでもウルウルきませんか?
[PR]
by lunasmile | 2005-08-13 17:15 | 映画

ワンこムービー・グラフィティ(3)

1942年 夏、ミシシッピー州の小さな町ヤズー。
ウィリー少年とジャックラッセル・テリアの“スキップ”の友情物語「マイ・ドッグ・スキップ」が始まる。
c0035838_1040261.jpg
この映画を紹介するのに久しぶりに見直してみたら、ワンこの演技(?)のうまさに改めて感心してしまった。ある意味でお約束の展開ではあるけど、とにかく最後は年甲斐もなく泣かされてしまった!
確か、このDVDの購入動機は、贔屓のダイアン・レインが出演していたからだったと思う。実際、ウィリーの母親役のダイアン・レインも父親役のケビン・ベーコンも普段の役どころとは違った普通の両親を良い味で演じている。また主人公のウィリーを演じているフランキー・ミューニースという少年も素晴らしい!もちろん何と言ってもスキップなんだけど!!
知らなかったのだが、原作の「マイ・ドッグ・スキップ」は実話で世界的ベストセラーであるという。
c0035838_113219.jpg
ウィリーは孤独な、いかにもいじめをうけやすいタイプの男の子。9才の誕生パーティに呼ぶ友達もいない。そんなウィリーに母親がプレゼントしたのがジャックラッセル・テリアのスキップ。
c0035838_11112762.jpg
まだワンこを飼うには幼すぎると、スキップをウィリーから引き離そうとする夫に対し、普段は夫に従順な妻は半ば強引に説得する。
c0035838_11171857.jpg
一度は引き離されそうになったスキップがウィリーの元へもどってくる。
c0035838_11192342.jpg
こうして、ウィリーとスキップの生活が始まっていく。
c0035838_11203658.jpg
柱のキーズーはおととしの〜・・・
c0035838_11215064.jpg
父親役のケビン・ベーコンとスキップの演技合戦?!
c0035838_11271662.jpg
同級生にいじめられるウィリーを見て母親が一計を案じ・・・
c0035838_11283390.jpg
ウィリーとスキップは町の人々に認知されていく。
c0035838_11402320.jpg
いじめっ子たちも段々ウィリーを認めていくようになり・・・。
c0035838_11423322.jpg
これは最後のシーン。少年から青年に成長し、大学へ入学するために家を出たウィリーの部屋にスキップが入って来る。年老いたスキップはベッドに自力で上がれず父親に抱きかかえられてあげてもらう。広いベッドにスキップが一人ちょこんと寝ている・・・・と、これで涙腺が弛まないシトは人間じゃーないって!
[PR]
by lunasmile | 2005-07-18 12:05 | 映画

ワンこムービー・グラフィティ(2)

今日ご紹介の映画は、小生の敬愛するスウェーデンの監督ラッセ・ハルストレムの1985年の作品「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」です。
c0035838_17174211.jpg
ラッセ・ハルストレム監督と言えば、ジョニー・デップ、レオナルド・デカプリオ(ジョニデの知的障害の弟役で好演!)共演の米映画「ギルバート・グレイプ」や、ジョン・アービング原作の「サイダーハウス・ルール」、それからジョニデが再び出演した「ショコラ」、小生のお気に入りジュリアン・ムーアがケビン・スペーシー(彼の演技は素晴らしい!)と共演した何度も繰り返し見たくなる「シッピング・ニュース」と、いずれも人間の哀しみ、滑稽さを温かくユーモアに満ちた眼差しで描いています。
c0035838_173214.jpg
さて、この「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の舞台は1950年代のスウェーデン。
c0035838_17404577.jpg
主人公のイングマルはママと愛犬のシッカンが大好き。だが、彼の日常は悲しみに満ちている。父は船乗りらしいのだが家に帰ってくる気配はない。兄はいつもイングマルをいじめてばかり。肝心のママは結核を患って、子供たちの面倒をみれるような状態ではない。この悲しみを誰にもうち明けられないイングマルは、自分より不幸なライカ犬(これがこの映画のタイトルに重なってくるのだが、宇宙船スプートニクに乗せられ5ヶ月地球を回って飢え死にしたワンこ)のことを考え、自分を励ますのだが、この不幸の例が星空のシーンとイングマルのモノローグで度々挿入され、これがユーモラスで、笑わせてくれる。
c0035838_186597.jpg
このシッカン、垂れ耳のテリアということで、ノーフォーク・テリアとみたがどうだろうか?本筋とは関係ないけど・・・。
c0035838_18133046.jpg
少年の悲しみを癒してくれるのは愛犬のシッカンとのひととき。
c0035838_18152249.jpg
ついにママが入院することになり、イングマルは兄や愛犬のシッカンとも別れて、叔父さんの住む田舎へ行くことになるのだが・・・。
c0035838_18234460.jpg
実は物語は叔父さんの住む田舎での日々が中心に語られます。風変わりな愛すべき人達との出会と日常のユーモラスな出来事が、ママや愛犬の死で自分の人生が虐げられたワンこと一緒であると思い込んでいるイングマルを再生へと向かわせます。
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、未見の方は是非一度ご覧ください。灰色に曇った心がひととき洗われますよ!
[PR]
by lunasmile | 2005-07-10 18:43 | 映画

ワンこムービー・グラフィティ(1)

小生は何も隠す必要がないほどの映画好きです!だから、仕事場のパソコンはほとんどDVDの再生のために使われているような気もします。
学生時代は映画青年もどきで、新宿、池袋、板橋と名画座をはしごして、年間300〜400本ぐらい観たかなー・・・。
さて、そんな訳で、映画のブログなんてのにも実は手を染めたい誘惑に駆られるのですが、ワンこ命の小生としましては、2兎を追ってはいけないと、かしこくも自重しています!が、しかしこのブログででも映画の話はできるじゃないかと、苦肉の策ですが、ワンこがスパイシーな役割を担っている映画、ワンこの演技が人間の主役を食っちゃうような映画、ワンこが主役という直球はひとまず置いといて、そんな映画を紹介してみたいなー・・・と、始めてみました。
記念すべき第1回はこちら・・・。
c0035838_18162941.jpg
そう!アンジェリーナ・(ララ・クロフト)・ジョリーおねい様が、富豪のトレジャー・ハンターとして、人類を救うために悪いヤツにお仕置きする、かっちょいい、あまりにもメジャーな映画「トゥームレイダー」です。この映画のウリは何と申しましても、アンジェリーナ・ジョリーおねい様がほとんどのスタントを自らこなして、アクション&アドベンチャーしまくるところでしょう。で、この映画にワンこ?って、実は物語の最後のミッションがロシアのシベリアで繰り広げられる訳で、そこに・・・?!
c0035838_18314311.jpg
ララたちがシベリアに降り立ち、最初に向かうのがこの遊牧民の居住地。この人たちって、もしかしてサモエド族?!で、わんわん言ってるのは、サモエド?!あるいは、シベリアン・ハスキー?!
c0035838_18394467.jpg
アンジェリーナ・ジョリーおねい様が、お触りになっています!
c0035838_18423642.jpg
サモエドの大元は真っ白ではないと言うし・・・!?
c0035838_18444577.jpg
なんだか、ワイルドーって感じです。
c0035838_18455917.jpg
本来の職務を遂行しています。
c0035838_1850318.jpg
いよいよ最終目的地に近づいてきた!
c0035838_18505825.jpg
ついにララは悪いヤツらをお仕置きし、人類も救えたことだし、脱出しようと橇を駐車した場所にもどってみると、肝心の橇が使えなくなって・・・。
c0035838_18542355.jpg
で、これはもうアンジェリーナ・(ララ・クロフト)・ジョリーおねい様のスタントを見せんが為としか思えない、橇なしの靴のみでワンこに曳かれて滑っていくシーン、じゃが、天晴れです、ララ!!
と言う訳で、いきなりなフェイントという気がしますが、サモ飼いに免じてお許しのほどを!
[PR]
by lunasmile | 2005-06-18 18:58 | 映画

愛犬日記、サモエド情報


by lunasmile
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31